2010年07月19日

7/23(金)フルムーン禅

禅といいますと「執着を手放す」というイメージが強いですね。



そして「手放す」ということを、
「望むものをあきらめること」と解釈してしまう人は実に多いです。



だからこそ、
「わたしは多くを望んではいないのに。なぜ?」という被害者意識と、
「でも執着を手放さなければいけないのだ。」という
二律背反した意識と意識の間で葛藤して、
思考の迷路の中に自分を追い込んでしまって、
あらたな苦しみをつくり出してしまう方は少なくありません。



「手放す」ということは本来、
「余計なものをおとしてシンプルになって行くこと」なのです。


余計なものを落としてシンプルになって行く道が、禅の道なのです。





【満月が近づいてきたら二色禅】


曹洞宗僧侶寺澤師によるワークショップ「二色禅」。

あなたをシンプルな生き方にご案内いたします。



◎満月まぢかの23日(金)にお待ちしております!

(昼の部・夜の部あり)



◎詳細はこちら→ http://bit.ly/9trtCi








posted by このはなさくや at 17:43| ワークショップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。